他職種からも頼られる良き隣人でありたいと考えています。


 

屈原 佑助

薬剤師 あらき調剤薬局勤務

 

■現在おこなっている薬局の仕事

山形市にある山形大学附属病院の門前の店舗で調剤、投薬、薬歴記入を主軸によく出る薬剤の在庫管理やメールチェック等の業務の手伝いをしています。

当薬局では大学病院の前ということもあり、数多くの科からの処方、様々な病気を抱える方が来局します。その方の症状に合わせた服薬指導、生活習慣のアドバイス、検査値の説明や抱えた不安を聞くことで少しでも安心して通院、来局して頂くようスタッフ一丸となって取り組んでいます。

 

 

 

患者さんの中には重い病気を持ち、日常の制限がある方もいます。その中で薬だけでなく薬をきちんと服薬してもらえるように何ができるか、日常生活においてのアドバイスが少しでも出来るように日々精進しています。それがモチベーションを高め、外部の勉強会や自己学習に勤しむきっかけになっています。

 

また、山形大学附属病院では疑義照会が医師本人とのやり取りになるのも特徴です。最初は緊張しましたが、医療現場で医師の処方意図が分かるようになると建物は離れていても同じ患者さんをフォローする連帯感を感じるようになりました。そういった所も含めて現在働いている店舗は勉強になる場所です。今後はさらに病院側との連携を密にし、患者さんからも病院からも頼られる薬局になりたいと考えています。

 

 

 

■グッドネイバーに入社した理由は?

 

私が入社を決意したのは経営理念にあり、社名でもあるグッドネイバーの考え方でした。良き隣人として患者さんに寄り添い、同じ志を持つスタッフと隣で働き、医師や看護師、栄養士、介護士、ケアマネージャーといった他業種からも頼られる隣人でありたいという思いが社風と噛み合ったと感じた時に、この会社しかないと入社を即決しました。

 

店舗数が多すぎないことで会社の上層と現場の温度差もなく、風通しの良い環境といえます。皆で良い会社を作っていく実感があり、何かがあっても会社全体がフォローしてくれる印象です。今も入社したことに間違いはなかったと確信しています。

 

 

 

■今後どんなことをしたいですか?

 

医療現場において仕事のやりがいは感謝の言葉や気持ち、社会貢献にあると考えています。

 

大学病院に通院している患者さんは様々な方がいます。ただ薬を出して終わりではなく、どんな方でも悩みや不安を打ち明け易く、それに寄り添える薬剤師になりたいと思います。

 

現実は1人あたりにかかる時間が限られ、薬剤師に求められている事と実際の世間のイメージのギャップに悩むこともあります。ですが、会社全体が良き隣人という1つの方向に向かい、その先に各々の理想が隣にあるなら会社一丸となって理想に進めるように目の前の業務を真摯に取り組みたいと考えています。

 

 

 

■ワークライフバランスなど

 

人と話すことが好きなので、サークルに参加したりそこで知り合った方と食事やバーベキュー等のイベントに参加したりしています。中には外国の方もいるので英語や中国語の勉強にもなり、海外の患者さんに「お大事にどうぞ」と言えるようになりました。

疲れた時は自然を散策したり映画を見たり自分の時間も大事にしています。自分の時間と人と過ごす時間どちらも大事にして英気を養って仕事に挑んでいます。今年は新しいことにチャレンジしようと思ってますが、内容は模索中です。

 

 

 

■グッドネイバーはどんな会社ですか?

 

弊社では本部と各店舗が密に連絡を取り合っており、直接本部から各店舗に赴いて社員一人ひとりと話す機会を設けています。そのため、働く現場の声が届きやすくその都度変化する環境の変化に敏感に対応できる会社です。

 

希望があれば、一般のスタッフでも会議に出席することも出来るので会社の経営方針やこれからの目標を直に感じることも出来ます。

 

また、それぞれの店舗で特色があり他店の応援に回るときは新しい知識や各店舗の取り組みを得る機会になるのでスキルアップに繋がります。今までの薬剤師は薬を管理し、処方箋通り薬を渡すという患者さんからすると裏方のような立ち位置にあったと思いますが、近年求められている薬剤師は患者さんや他業種とのコミュニケーション力が問われる傾向にあります。

 

これからの薬剤師としてスキルアップを求め、自己実現に向けて頑張りたいと思っている方、心より入社をお待ちしております。

 

 

 

スタッフボイス①へ

 

宮城・福島・秋田・山形に12店舗の調剤薬局

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目12-2泉パークビル5F

TEL&FAX 022-375-1242