社名の通り良き隣人として地域医療、社員に対し、寄り添ってくれる会社です


 

大場 香織

薬剤師 調剤薬局ココロエル。勤務

 

■現在おこなっている薬局の仕事

富谷市内の住宅地に隣接する、カフェテラス風の薬局で勤務しています。

 

管理薬剤師として、薬局の管理業務、精神科の通院患者さんの調剤、二つの特別養護老人ホームの入所者の方々の薬を調剤しております。

 

 

 

 

 

 

精神科の患者さんへは、店舗の名前の由来にもなっている、Lサイズのこころをもって、一人一人に寄り添ったような調剤、投薬を目指しています。精神科の治療は症状が見えにくいことと、いくつもの症状が重なっていることが多いため、根気よく対応していくことが重要です。

本人へ負担とならないような慎重な聴き取りや、丁寧な対応を心がけています。

 

施設調剤では、実際に施設を訪問しご本人様の様子をうかがいながら主治医医師、施設看護師さんと情報を共有しながら調剤をしています。一包化はもちろん、粉砕調剤も多く、幅広い薬学的知識を必要とします。日々、多くの事を学びながら調剤しています。

 

 

 

■グッドネイバーに入社した理由は?

 

自分が入社する時に、新しい店舗の立ち上げがあったこと、その薬局が自分の住むまちに出来るということがきっかけでした。

薬剤師として、職能を生かし、地域医療へ関わっていくことが自分の理想でした。

 

グッドネイバーは、社名の通り良き隣人として地域医療、社員に対し、寄り添ってくれる会社です。薬局ごとの個性を生かし、常に良き相談相手・良き理解者であってくれます。会社の経営理念が、自分の理想と共通点があると感じ、入社することを決めました。

 

 

■今後どんなことをしたいですか?

 

一言でいうと、「人の役に立つ薬剤師でありたい」

 

施設の調剤をするようになってから、通常の薬局業務に加えて、外で活動する機会が増えました。そこでは、いろいろな職種の方とのかかわりがあります。薬についての特徴、使い方、治療上の薬の位置づけなど、多くの事を聞かれます。一つ一つ対応していくことで、感謝されることが多く、信頼関係も出来ました。治療の中に薬剤師の存在がはっきりしていること、薬剤師として信頼されることによって、とてもやりがいのある仕事だと再認識しました。これからも学びながら社会の役に立つ薬剤師になりたいと思っています。

 

 

■ワークライフバランスなど

 

大学生、小学生の子供のいる4人家族です。自宅で家族とゆっくり過ごすことが多いですが、長くお休みが取れるときは、家族旅行をします。暖かい季節には庭でお茶を飲みながらガーデニングをしています。

 

 

 

■グッドネイバーはどんな会社ですか?

 

店舗の数は少ないですが、その反面連絡を取りやすかったり、意見や考えを上げやすい環境だと思います。店舗間、社員間の結束力も強く、お互いに協力し合うことができています。業務に滞りが出ないための支援体制も充実しているため、安心して働けます。他では経験できない薬局業務を実行しているので、新しいことに挑戦したい方やスキルアップを目指している方、心より入社してくれることを願っています。

 

 

スタッフボイス⑤へ

 

宮城・福島・秋田・山形に12店舗の調剤薬局

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目12-2泉パークビル5F

TEL&FAX 022-375-1242