薬学生のレポート

4月は大学での講義や学校薬剤師としての講話など、学生向けにお話しをさせていただく機会が結構ありました。

大学2年生に向けての講義では、地域医療について伝えています。

 

 

これからの地域医療における薬剤師の役割について、現状はかなり厳しい状況なので、皆さんはしっかり学ばなければいけないというメッセージとなります。

 

大学から送られてきた学生からのレポートを拝見しますと以前は「研究職希望だからそれほど興味はない」という学生もいたのですが、ここ最近は「地域医療に興味がある」「自分もかかわっていきたい」という熱意のあるレポートが多くなってきています。

 

今年は、「かかりつけ薬局」の意義を理解し、地域での薬剤師の貢献について考えてみたり、「セルフメディケーション」について推進についても自分の意見を述べている学生も多く、大変うれしく思っています。

 

現場の薬剤師はどうだろうか。地域医療についての熱意はどうだろうか?

薬剤師になってどのように地域に貢献していくかを考えていかなければいけませんね。

 

薬剤師としてのキャリアを活かし、社会のためにも薬学生の将来のためにも、薬剤師の職能をみせていきたいと思っております。

 

富永敦子

 

 

宮城・福島・秋田・山形に12店舗の調剤薬局

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目12-2泉パークビル5F

TEL&FAX 022-375-1242